包茎でも大丈夫なの?

殆どの包茎は問題がない

日本人の多くが包茎に悩まされていますが、それらの多くが問題のない包茎ばかりです。
仮性包茎や真性包茎の場合には、放置しておいても問題は発生することがありませんが、外見上の問題として気にされる方も多くいます。そのような場合には自由診療にて包茎手術を受けることとなりますから、悩んでいる方は治療に踏み切るのも悪くはありません。包茎手術は切除法や埋没法などの方法がありますが、どの方法を使っても完全に治すことができるので男性としての自信を取り戻すことができます。もちろん麻酔をかけて行い苦痛を取り除いて手術が行われますから、手術時の痛みに悩まされることがありません。包茎が気になってしょうがない方は手術を受けてみましょう。

病的な包茎の場合には保険適用となる

包茎の中でも特に症状が重篤で、放置しておくことが健康を害すると判断された場合には、保険適用で治療ができます。亀頭や包皮などの状態に影響を与えるカントン包茎がそれに当たります。カントン包茎の場合にも普通の包茎手術と同じ方法が用いられ、体に負担が掛からないように手術をします。
治療後は本当に完治しているのかどうかを調べるため、何度か通院をする必要がありますが、経過が良好であれば入院する必要などは全く無いので安心です。包茎の手術で気になることがある場合には、手術の専門医のカウンセリングを受けてから手術を行うのも良いでしょう。包茎手術の場合治療方針などを医師からしっかりと聞いてから治療を行うことが可能です。

© Copyright Future Performs. All Rights Reserved.