人のは聞けない包茎の悩み

包茎ってなにがダメなの?

世界中の男性たちを日々苦しめている存在──『包茎』。包皮が余っていたり、そもそも皮が剥けないといったことで、パートナーとエッチができず悩んでいる方も多いと思います。
実は包茎とひと言に言い表しても細かく分けると3種類あり、亀頭が包皮に覆われているが手を使えば容易に剥くことができる「仮性包茎」、亀頭と包皮が完全に癒着してしまい剥くことができない「真性包茎」、無理に剥こうとして皮が戻らなくなりうっ血した「カントン包茎」があります。亀頭が包皮に覆われたままだと、どうしても内側で雑菌が繁殖したり、蒸れたりしてしまいます。そのため、不衛生になりやすく、性病やフォアダイスなどの病気を引き起こしかねませんし、なにしろ臭いの原因となるのです。

自分の包茎と向かい合う

かといって、全ての包茎が治すべきかといえばそうではありません。包茎のなかでも「仮性包茎」は、日本人男性の約7割に当てはまるほどとてもポピュラーな種類です。このタイプは、自分の手を使えば容易に皮を剥くことができるため、毎日お風呂で綺麗に恥垢を洗い流せば、全然問題なく健康に過ごすことができます。ネットなどで仮性包茎治療手術を促す広告とかをよく目にしますが、あれは見た人の不安を煽る目的ですので、騙されないようにしてください。
「真性包茎」や「カントン包茎」の方は、自分で恥垢を取り除くことが難しいため他の病気を引き起こしやすいです。また、「カントン包茎」は最悪の場合、男性器が壊死して切断ってこともあります。だからそうならないためにも、早めの医師との相談をオススメいたします。

© Copyright Future Performs. All Rights Reserved.